基本的な使い方

基本的な使い方(このページ)

ボーンの設定

はじめに

MOG3Dは、ボクセルの3Dモデルを作るためのソフトウェアです。
作ったボクセルモデルはplyやstlなどの一般的な3Dデータのフォーマットとして出力もできます。

サンプル動画

2つのモード

MOG3Dでは「unit」と「stage」の2つのモードでボクセルの編集を進めます。
モードは上部のメニューバーから切り替えできます。

「unit」 :ボクセルの形状や色の加工に使います
「stage」 :作成したモデルの配置調整に使います

「unit」モードと「stage」モード

「unit」モード

このモードでは主にボクセルの形状や色を加工します。
加工用の機能は画面左上のメニューから選択できます。

block
ブロック
cut
カット
prim
基本形状
view
視点操作
pen
ペン
draw
ドロー
fill
塗りつぶし
select
選択
bone
ボーン
render
レンダー

「unit」モードの各機能のアイコン

また、加工に使う色は画面左のパレットから変更できます。


パレット

パレットの編集

ボクセルの加工に使う色を変更できます。

左クリック :クリックした色を選択
右クリック :色の変更画面の表示
左ドラッグ :パレットの色の移動
Ctrl+左ドラッグ :パレットの色のコピー

色の変更(右クリック)

view 視点操作

マウスを使ってモデルを見る視点を操作できます。

左ドラッグ :角度を変更
スクロール :スケールを変更
右クリック :クリックした場所を画面中央に移動
中央ドラッグ :位置を変更

※なお、メニューの他の機能を選択中でも「スペースキー」を押している間は一時的に視点を操作できます。

視点の操作

画面左のボタンで、決まった視点に変更することもできます。

視点の変更ボタン

block ブロック

ブロックの追加や削除を行います。

左/右クリック :ブロックの追加/削除
左/右ドラッグ :ライン上でブロックを追加/削除
Shift+左/右ドラッグ :領域内でボクセルを追加/削除
マウススクロール :ブロックのサイズを変更
中央クリック :選択した部分の色をスポイト
'E'キー+左/右ドラッグ :ブロックの拡張(選択したブロックの色/パレッドの色)

ブロックの追加(左ドラッグ)

ブロックの追加(Shift+左ドラッグ)

ブロックの拡張('E'キー+左ドラッグ)

cut カット

マウスで指定した領域を切り取ります。

左/右ドラッグ :指定した領域を切り取り(自由曲線/直線)
マウススクロール :円のサイズを変更

輪郭のカット(左ドラッグ:自由曲線、右ドラッグ:直線)

prim 基本形状

球や円柱モデルを設定できます。

左クリック :選択した場所に基本形状を配置
右クリック :基本形状の配置をキャンセル
軸上で左ドラッグ :位置を移動
Enterキー :配置した基本形状を確定

基本形状の設定(左クリック)と移動(左ドラッグ)

pen ペン

選択した場所に色を設定できます。

左クリック :色の設定
左ドラッグ :ライン上で色の設定
Shift+左ドラッグ :領域内で色の設定
マウススクロール :ブロックのサイズを変更
中央クリック :選択した部分の色をスポイト

色の設定(左ドラッグ)

色の設定(Shift+左ドラッグ)

draw ドロー

マウスで指定した領域に色を塗ります。

左/右ドラッグ :指定した領域に色を塗る(自由曲線/直線)
マウススクロール :円のサイズを変更
中央クリック :選択した部分の色をスポイト

色を塗る(左ドラッグ:自由曲線、右ドラッグ:直線)

fill 塗りつぶし

選択した場所を塗りつぶします。

左クリック :塗りつぶし
中央クリック :選択した部分の色をスポイト

塗りつぶし(左クリック)

select 選択

範囲を選択しコピーや移動を行います。

左クリック/左ドラッグ :領域を設定
右クリック :隣接するボクセルの領域をまとめて設定
Ctrl+クリック/ドラッグ :複数の領域を設定
Ctrl+X :選択した領域を切り取り[cut]
Ctrl+C :選択した領域をコピー[copy]
Ctrl+V :[cut]or[copy]した領域を貼り付け[paste]
Enterキー :張り付けた領域を確定

物体の選択(左ドラッグ)と移動

bone ボーン

モデルの骨格(ボーン)を設定します。
ボーンの設定

render レンダー

光源や背景色を調整して画像を仕上げます。

レンダー画面

補助機能 レイヤーの編集

レイヤー追加やそのサイズを変更できます。

グリッド模様のボタン :レイヤーの編集メニューの表示
"+"ボタン :レイヤーの追加
レイヤーボタンの左ドラッグ :レイヤーの順序の変更

レイヤーの編集メニュー

レイヤーのサイズの変更

「stage」モード

このモードでは主にモデルの配置を調整します。

layout レイアウト

クリックした場所にモデルを配置します。

左クリック :モデルの配置(クリック1回目 モデルを表示、クリック2回目 配置)
右クリック :モデルの選択
スクロール :モデルの角度の変更
Ctrl+スクロール :モデルのサイズの変更
Deleteキー :選択中のモデルを削除

モデルの配置(左クリック)、角度やサイズの変更(スクロール、Ctrl+スクロール)

最後に

基本的な操作は以上になります。
何か不明点などがございましたらメールにてご連絡ください。->サポート